賢い子供に育てるには、0〜6歳までの幼児教育が大切です。


頭の良い子供に育てるには、小学校にあがるまで「6歳までの教育」が勝負です。

賢い子供に育てるには、0〜6歳までの幼児教育が大切です。

賢い子供に育てるには、0〜6歳までの幼児教育が大切です。

賢い子供に育つ・質問攻撃の巻

賢い子供に育てるには0〜6歳の間が決めて!

「賢い子供に育てたい・・・」
親として、正直にそう思う方は多いでしょう。

 

賢い子供・大人になっても困らない子供に育てるには、
生まれた時から6歳までの間が肝心です。

 

勿論、中にはそに時期に自由奔放に育てても
成績が良い子供もあります。

 

でも、ほとんどの場合、
その時期が子供が一番物事を吸収する最適な機会なのです。

 

賢い子供に育てたいのなら
その最適な機会を、のがすなんって、も・っ・た・い・な・い!

 

この幼児機会をのがしたら、
これから先2倍も、3倍もの努力が必要なのです。

 

2歳頃赤ちゃんから、子供へ移行する時期

2歳頃赤ちゃんから、子供へ移行する時期に、
少しずつ知恵がつき自我が芽生えてきます。

 

その頃になると、自己主張が強くなり頑固になって来ます。
度々、大人を困らせますが成長の段階ですの心配ありません。

 

賢い子供に育てるには、
0〜6歳の間に、子供の脳にいろいろな刺激を与えます。
子供は、この間にいろいろなことを経験して可能性を見つけ出します。

 

あなたにも、経験あるでしょう。
うるさいほど、質問攻めに合ったことが・・・・

 

大人がどんなに忙しい時でも、子供はおかまいなしで質問してきます。

 

不思議なものは、どこまでも聞いてきます。
「なぜ?・どうして?」っと、聞く時期・・・・なぜ・どうして・攻撃です。

 

このタイミングが、大事です。
興味があるから聞いてきているのです。。。。

 

「あとで〜」 なんって言っていませんか?

 

それでは、子供の芽をつんでいます。
作業の手を休めて、優しく答えてあげましょう。
そうすると、子供の脳にしっかりと刻まれます。

 

子供は、世の中のさまざまな事に、疑問を持ち
その理由を考えて、質問してきます。

 

0〜6歳までに経験した、いいお話・景色・音楽・思い出・・・・・
の積み重ねは、やがて子供の大きな財産となります。

 

あなたのお子様が本来の才能に目覚め、明るく賢い子に育つには、
紛れも無くお母さんあなたの手にかかっています。

 

賢い子供に育つのは、大事な大事な幼児時期です。

 

 


 
小学校受験対策 勉強大好きに。 成績が急上昇 中学受験には お受験ムービーSOS